Vintageアクセサリー素材のお店・よつば商店のブログ

カテゴリー: チェコのこと

チェコ旅日記1 :行きのフライトと初日プラハ(2022/9/4-5)

こんにちは。
経年風アクセサリー素材のお店*よつば商店
店長のシバガキです🍀
 
 
先日のチェコ買付け旅の記録を
このブログに書いておこうと思います
 
 
買付け以外の休暇の時の様子も
少しご紹介できたらと思っています😊
 
 
少しずつですが
よかったらお付き合いください🍀
 
 
チェコ旅日記1 :行きのフライトと初日プラハ(2022/9/4-5)
 
 
2022/9/4-5
成田→Doha
 
 
成田空港はガラガラ。
レストラン街がほとんど閉まっていて
フライトの前にうどんを食べたかったけれど
食べられず残念。
 
 
夕方〜夜の成田空港ガラガラでした
 
 
 
3列中央の座席だったけれど
窓際が空いていたので移動
少しくつろげました
 
 
今回はカタール航空利用
機内食結構おいしかったです
 
 
 
主食が麺でおかずがお蕎麦…
麺は好きだから問題ないです
 
 
 
おかゆおいしかった
 
 

機内でディズニー映画
【わたし時々レッサーパンダ】を観ました
 
 
ガールズパワーとシスターフッド
エレクトラ・コンプレックスを抜け出す物語
そしてモフモフ
めちゃくちゃいい映画でした
 
 
おしりと腰の痛みに耐えながら
11時間くらいのフライトでドーハへ
全然眠れなかった…
 
 
深夜のドーハ上空

 
 
ドーハ空港でトランジット
大きな黄色いクマ
 
 
 
 
フードコートで
サンドイッチとお水を買って食べました
約2,000円…
空港だから高いのもあると思うのですが
 
 
ハニーマスタード味のチキンサンド
 
 
 
朝日が眩しい
 
 
搭乗する時に一瞬外に出たら
めちゃくちゃ暑かったです
 
 
そういえばカタールは砂漠の国でした
 
 
 
そして機内食
 
 
 
 
 
 
私この固めのクリームの塊みたいな
コーヒー味の激甘デザート好きです
普段絶対食べない感じの甘さ
以前エミレーツに乗った時も
こんな感じのデザートを食べた気がします
 
 
 
そんなこんなでやっとチェコ!
ヴァーツラフ・ハヴェル国際空港に到着
3年ぶりでテンションが上がります
無事に到着してよかった!
 
 
早速現地SIMを買ってネット環境整えて
タクシーで宿へ
 
 
宿に荷物を置いてからぶらぶら散歩
 
 

ヴァーツラフ広場付近
 
 
 

マスクしている人がいないからちょっとへんな感じ
 
 
お腹も空いたことだし
早速私が3年間ずっと食べたくても
食べられなかったタルタルを食べに
人気のお店カンティーナへ
 
 
Kantýna
 
 
牛タルタルとビールで
旅の疲れも癒されました😋
 
 
今回の滞在中このお店には何度も行きました
後でご紹介しますが
タルタルも美味しいけれど
ここのビーフカルパッチョが
ニヤニヤしちゃうほど美味しかったのです
 
 
翌日からは早速ヤブロネツへ
今回は通訳さんなしの1人での仕入れ
どうなることやら
 
 
最後まで読んで下さりありがとうございます
 
 
つづく
 
 
 
 
 

経年風アクセサリー素材のオンラインショップ
よつば商店
https://yotsuba-and-co.jp/

LINE友だち登録はこちらのQRコード
または@590rbicgを検索してください!

商品入荷のお知らせやお得なクーポンを
お届けしているメールマガジン登録はこちらから↓
https://yotsuba-and-co.shop-pro.jp/secure/?mode=mailmaga&shop_id=PA01114554

Twitter
@yotsubashouten

Instagram
@yotsuba_and_co

おすすめ!チェコ70年代の映画・Saxana

こんにちは。
経年風アクセサリー素材のお店*よつば商店
店長のシバガキです🍀
 
 
今日は私がいつもお世話になっている
のペトル・ホリー先生おすすめの
チェコ映画をご紹介します🎥
 
 
 
Saxana(サクサナ)

英題:The Girl on the Broomstick
チェコ語タイトル: Dívka na koštěti
 
 
1970年代チェコの魔女の女の子のお話で
とにかく主人公のSaxanaがかわいい!
当時のファッションやメイクが好きな方は
絶対に見てほしいです💕
 
 
ジャンルとしては
ファンタジー・コメディという感じで
誰でも楽しめる感じです。
魔法を使うシーンで特撮っぽい演出もあり
それも今見るとレトロでいい感じです。
 
 
使われている音楽は
Angelo Michajlovというアーティストが
手がけていて
1970年代のジャズファンクって感じで
すごくイケてます!
 
 
 
 

本編がYoutubeで見れます
(英語字幕)
 
 

こちらはMusic clipです
 
 
 
これからも時々
おすすめのチェコのアニメや映画を
ブログで紹介できたらなと思っています🍀
 
 
 
 
 

経年風アクセサリー素材のオンラインショップ
よつば商店
https://yotsuba-and-co.jp/

LINE友だち登録はこちらのQRコード
または@590rbicgを検索してください!

商品入荷のお知らせやお得なクーポンを
お届けしているメールマガジン登録はこちらから↓
https://yotsuba-and-co.shop-pro.jp/secure/?mode=mailmaga&shop_id=PA01114554

Twitter
@yotsubashouten

Instagram
@yotsuba_and_co

チェコの挿絵画家Artuš Scheinerのイラストがすごかった話

こんにちは。
経年風アクセサリー素材のお店*よつば商店
店長のシバガキです。

 

 

今日はアクセサリーパーツとは
関係のない話なのですが…

 

 

私は現在オンラインで
チェコ語を勉強しています。
日本在住のチェコ人の先生に
教えて頂いています。

 

 

チェコ語はスラブ語系の言語
(ロシア語とかの仲間)で
動詞だけではなく名詞や形容詞なども
7種類に語尾が変化するので
正直むずかしくて
ちっとも覚えられないのですが😅
先生がレッスン中にチェコのお話を
たくさんして下さるので
とても楽しいです😃

 

 

テキストには載っていないような
チェコの人たちの生活習慣や考え方、
絵本やアニメーション、アートのお話、
おいしいチェコの家庭料理のこと
そしてチェコガラスのこと
などなど…

 

 

そんな中、
今日のレッスンで先生に教えて頂いた
チェコの画家(挿絵画家?)を
ご紹介します。

 

 

チェコの絵本はとても有名ですが
そのなかでも

 

pohádka
(ポハードカ)

と呼ばれるおとぎ話が
チェコ人は大好きだそうです。

 

 

中でも19世紀に活躍した

Božena Němcová
ボジェナ・ニェムツォヴァー

Karel Jaromír Erben
カレル・ヤロミール・エルベン

という作家の作品が有名だそうで
(カレル・ヤロミール・エルベンは
「オテサーネク」の作者です。
ヤン・シュヴァンクマイエルの映画
にもなった作品です。)

 

それらの作家の本の挿絵を描いていた

 

Artuš Scheiner
(アルトゥシュ・シャイネル)

 

という方の絵がとても印象的だったので
ブログに書き留めておきます。

 

どんな絵か気になる方は
下のリンク先をご覧下さいね。

 

 

google検索「Artuš Scheiner」の結果

 

 

なんというか、
子ども向けのおとぎ話の本の挿絵が
こういう感じのって…

 

 

子どもが怖がってトラウマになっちゃいそう!

 

 

(実際先生は子供の頃おじいさんに
読み聞かせしてもらって泣くほど怖かったそうな)

 

 

けれど大人になってから見ると
とても美しいなと思います。

 

 

美しいけれど
どことなく影があって
退廃的な感じもして
若干不穏な感じもする…

 

 

少し江戸川乱歩っぽい雰囲気?
少年少女向けだけどこわい、みたいな。

 

 

こういう雰囲気の絵が好きな方って
多いのでは?と思うのですが
日本では全然知られていないそうです。

 

 

amazon.co.jpで検索したら
Kindle版で日本語訳された
チェコの昔話集がありました。

 

金色の髪のお姫さま――チェコの昔話集

 

 

今度読んでみようと思います🍀

 

 

私はチェコの文学や絵本のことは
全く知らないので
(ついガラスにばかり目が行ってしまうのです😅)
もしおすすめの絵本などの作品があるよ!
という方はぜひ教えてくださいね🙋‍♀️

 

 

 

 

 

経年風アクセサリー素材のオンラインショップ
よつば商店
https://yotsuba-and-co.jp/

LINE (@590rbicg)

商品入荷のお知らせやお得なクーポンを
お届けしているメールマガジン登録はこちらから↓
https://yotsuba-and-co.shop-pro.jp/secure/?mode=mailmaga&shop_id=PA01114554

Twitter
@yotsubashouten

Instagram
@yotsuba_and_co

© 2022 Yotsuba-and-co.

Theme by Anders Noren上へ ↑